宮城のニュース

<宮城・七ヶ宿町長選>小関氏、2回連続で無投票再選

小関 幸一氏

 任期満了に伴う宮城県七ケ宿町長選が11日告示された。無所属現職の小関幸一氏(65)以外に立候補の届け出はなく、小関氏が無投票で再選された。同町長選は2回連続で無投票となった。
 小関氏は朝から選挙カーで町内を一巡し、選挙事務所で届け出締め切りの午後5時を迎えた。当選が決まると、支持者ら約80人から大きな拍手が湧いた。
 小関氏は「交流人口を増やして地場産業を活性化させ、働く場所を確保したい。多くの若者に来てもらい、高齢者が生きがいを持って暮らせるまちづくりを進める」と語った。
 小関氏は町議会6月定例会で立候補を表明。主な公約に(1)農林業の活性化(2)教育の充実(3)若者の定住促進と雇用拡大−などを掲げた。任期は24日から4年間。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年09月12日水曜日


先頭に戻る