宮城のニュース

当時4歳でも…「訴訟費用支払え」 仙台地裁判決、敗訴原告に命令

 仙台市泉区の分譲マンションで罹患(りかん)したシックハウス(SH)症候群を巡る訴訟で敗訴した提訴時4歳の原告女性(18)に対し、国が鑑定費など訴訟費用の負担を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は11日、女性に約92万円の支払いを命じた。
 村主隆行裁判長は「訴訟費用は敗訴の当事者の負担が原則。当事者が未成年者の場合は親が支払うのが通常でも、未成年者が支払い義務を負わないことにはならない」と判断した。
 父親は敗訴後に自己破産して訴訟費用の免責決定を受けた。女性側は提訴時4歳の女性に判断能力はなく、支払い義務は実質的に訴訟を起こした父親が負うと主張していたが、判決は「父親による訴訟行為と女性の訴訟費用の負担(義務)は別問題だ」と退けた。
 判決によると女性は2005年にSH症候群と診断され、父親を法定代理人として東京の大手不動産会社に損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。12年に最高裁で女性の敗訴が確定し、約92万円の訴訟費用は女性の負担とされた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月12日水曜日


先頭に戻る