福島のニュース

<モニュメント問題>福島市長の減給10%3ヵ月 市議会定例会で提案

 福島市がモニュメント「サン・チャイルド」の撤去を決めた問題を受け、木幡浩市長は11日、開会中の市議会9月定例会に自身を減給10%(3カ月)とする給与条例改正案を提出した。市長給与は既に5%減額されており、改正案が成立すれば15%の減額となる。
 本会議での提案理由説明で、木幡市長は「本市の統括責任者として、サン・チャイルド設置の件を反省し、今後の市政運営の戒めとする」と述べた。
 市職員厚生課によると、新たな3カ月の減額分は計約30万円。現行の5%減額は、昇格制度見直しで一般職員の給与が減るのに合わせて今年4月から1年間実施している。
 過去の市長の減給は、ともに職員の不正発覚を受け、2004年度に20%(3カ月)、1997年度に20%(1カ月)の事例がある。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年09月12日水曜日


先頭に戻る