宮城のニュース

<いちおし土産>形はたい焼き、味お好み焼き メリケンコ本舗(仙台市太白区)のどんどん焼

食べ応えのあるどんどん焼

 ふっくらとしたたい焼きの生地をかむと、お好み焼きのような味わいが口の中に広がる。メリケンコ本舗の人気商品「どんどん焼」は、子どもからお年寄りまで幅広い年代に親しまれている。
 天かすやネギ、紅しょうが、ソース、マヨネーズなどが材料で、たい焼き器で生地の両面を丁寧に焼き上げる。1個約150グラムと大ぶりだ。
 メリケンコ本舗は1994年開業。たい焼きは通常10種類あり、小倉あんやクリーム、チョコレート、ウインナーなど味や中身はバラエティーに富む。
 消費税増税などで経営環境は厳しいが、代表の庄子了(あきら)さん(68)は「気軽に食べてほしい」と、なるべく値上げしないように努めてきた。
 庄子さんは「お客さんから『おいしいね』『また来るから』と言葉を掛けてもらい、やりがいを感じる。体が許す限り、お店を続けたい」と話す。

[メモ]1個135円。たい焼きのうち、小倉あん(120円)やクリーム(同)も人気。6個入りのたこ焼き(420円)や焼きそば(350円)などもある。店舗は太白区長町1丁目。午前10時半〜午後8時。火曜定休。連絡先は022(246)9390。


関連ページ: 宮城 経済

2018年09月13日木曜日


先頭に戻る