青森のニュース

赤十字青森支部130周年、紀子さま迎え記念式典 北海道「一日も早く平和な生活を取り戻し、復旧復興を」

功労者に賞状を授与する紀子さま

 日本赤十字社青森県支部の創立130周年記念大会が12日、青森市文化会館であった。日赤名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さまが出席され、活動資金の協力やボランティア活動などで功績のあった会員らを表彰した。
 紀子さまはあいさつの冒頭で北海道地震に触れて「一日でも早く平和な生活を取り戻され、復旧復興が進むことを願っています」と述べ、「赤十字に寄せられる期待と要請はますます高まる。赤十字の尊い使命の達成のため、より一層充実した活動を進められることを願います」と話した。
 日赤の大塚義治副社長は「急速に変化する社会の下で、時代のニーズに即した柔軟な発想に立って必要な体制づくりに努めたい」と強調した。大会では計338の個人と団体を表彰。このうち33人が登壇し、紀子さまから直接、賞状を受け取った。


関連ページ: 青森 社会

2018年09月13日木曜日


先頭に戻る