広域のニュース

<東京五輪>「復興の火」3県で2日ずつ展示 採火の日程は12日に変更

 2020年東京五輪の聖火リレー前に東日本大震災の被災地で聖火を「復興の火」として展示する計画について、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会は12日、20年3月20〜25日に宮城、岩手、福島各県の順で2日間ずつ実施することを決めた。
 ギリシャで行う聖火の採火は当初、東日本大震災が発生した3月11日に計画していたが、同12日への変更が固まった。
 組織委の森喜朗会長は「3月11日をイメージしていたが、IOCとの協議の結果、リレーから逆算して12日に決まった。11日に近い日になったことは満足している」と述べた。
 採火後はギリシャでの聖火リレーを経て、同19日にアテネ市で聖火引き継ぎ式を行う。聖火は同20日に東松島市の航空自衛隊松島基地に到着する。
 展示場所は各県と組織委などが協議して決める。IOC調整委のジョン・コーツ委員長は記者会見で「被災地での取り組みを全面的に支援する」と語った。五輪聖火リレーは20年3月26日に福島県を出発し、121日間で全国を巡る。


2018年09月13日木曜日


先頭に戻る