宮城のニュース

<エアコン>蔵王町が5小学校と3幼稚園に設置へ 柴田町も

 蔵王町の村上英人町長は13日、町議会9月会議の一般質問で、来年夏の稼働を目指し、町の小学校5校、幼稚園3園にエアコンを設置する方針を示した。
 町は2016年度から小学校低学年用の普通教室を優先して設置を進め、これまでに3校の11室で完了した。残る全普通教室30室、幼稚園の保育室10室などを対象にした設置費を18年度一般会計補正予算か、19年度当初予算に盛り込む。
 中学校3校は27年度までの早い時期の統合を控えているため対応を検討する。村上町長は「子どもの安全と快適な学習環境を維持するために必要で、前倒しで検討する」と答弁した。

◎柴田町も全小中に
 柴田町は13日までに、町の全小中学校9校の普通教室と特別教室にエアコンを設置する方針を決めた。2020年夏までの稼働を目指す。
 対象は普通教室125室と特別教室128室。詳細な工事費を見積もる実施設計費を18年度一般会計補正予算に盛り込み、年内の議会に提出する。工事費は概算で7億3200万円。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月14日金曜日


先頭に戻る