宮城のニュース

宮城県図書館HPに大量アクセス、公開一時停止に

 宮城県教委は14日、県図書館のホームページ(HP)に外部から大量のアクセスがあり、公開を一時停止したと発表した。ウイルス感染やHPの改ざん、個人情報流出などの被害は確認されていない。
 HPは13日午後1時40分に公開を停止し、同6時20分までに全面再開した。県内の市町村図書館などに提供している資料相互貸借サービスが一時使えなくなる影響が出た。
 大量アクセスがあったのは、利用者が資料の予約状況などを確認できるHP内の「マイページ」。同館職員が13日午前8時20分ごろ、HPに接続しにくい状況に気づき、業者の調査で判明した。発信元とみられる国からのアクセスを制限するなど対策を講じた。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月15日土曜日


先頭に戻る