宮城のニュース

酒に酔って面識ない男性殴った疑い、宮城県警部補を現行犯逮捕

 面識のない男性を殴りけがをさせたとして、宮城県警は14日、傷害の疑いで、同県大衡村大衡、大和署大衡駐在所の警部補阿部哲也容疑者(40)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は14日午後11時半ごろ、仙台市宮城野区のアルバイト男性(69)宅の敷地内で、男性の顔などを素手で殴り、けがをさせた疑い。
 県警監察課によると、容疑者は非番だった同日午後5時半〜10時半ごろ、同僚10人と青葉区の飲食店2軒で飲酒。同僚と別れた後、1人で男性宅の隣家の勝手口ドアをたたき、注意した男性を馬乗りで殴ったという。男性と面識はなく、「酔って覚えていない」などと話している。
 県警の高橋俊章警務部長は「警察官としてあるまじき行為で深くおわびする。事実関係を明らかにした上で厳正に対処する」とコメントした。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月15日土曜日


先頭に戻る