岩手のニュース

<一関女性殺害>殺人罪で男を起訴 凶器・侵入路不明、否認続く

 一関市南十軒街(こうじ)の民家で8月、無職及川ヨシコさん(80)が殺害された事件で、盛岡地検は14日、殺人と住居侵入の罪で、及川さんが経営するアパートの元住人で一関市北豊隆、無職佐藤仁一容疑者(74)を起訴した。
 起訴状によると、被告は8月16日ごろ、及川さん方に侵入して及川さんの首や胸を刃物で複数回刺し、殺害したとされる。
 県警によると、及川さん方の1、2階から採取した血痕のDNA型が被告と一致。逮捕時に押収した被告のズボンから及川さんのDNA型と一致する血痕が検出されたという。これまでの調べに被告は、一貫して容疑を否認。侵入経路などは判明しておらず、凶器も見つかっていない。
 及川さんの遺体は8月20日午前、自宅2階の寝室で布団が掛けられた状態で見つかった。玄関は施錠されていたが、窓など複数箇所は無施錠だったことが捜査で判明している。
 事件前の今年7月には、被告がアパートの居室に残っていた自分の荷物を運び出そうと合鍵を使って侵入し、目撃した及川さんが警察に通報していた。


関連ページ: 岩手 社会

2018年09月15日土曜日


先頭に戻る