宮城のニュース

<楽天>新人の山崎が初猛打賞 「必死にやった結果」

 東北楽天の新人山崎がプロ初の猛打賞でチームの勝利に貢献した。
 二回無死一塁では二木の直球をたたき左越え二塁打とし、オコエの2点打につなげた。三回は二木のカーブを中前に運び、七回はチェンのカットボールを中前にはじき返した。「一打席一打席を必死にやった結果」と話した。
 大卒の即戦力として入団したが、1軍投手のレベルの高さに戸惑ったという。プロの投球に対応しようとタイミングを早めたり、バットが出やすい手の角度を考えたりした成果が出た。「チャンスをもらっているので、1軍で打てるように意識しながら日々取り組んでいる」と手応えを口にした。


2018年09月16日日曜日


先頭に戻る