青森のニュース

「りんご科」思い出永遠に 弘前実業高藤崎校舎で閉校式

生徒や同窓生らが出席して行われた藤崎校舎の閉校式典

 全国唯一の「りんご科」が設置され、本年度限りで閉校となる弘前実業高藤崎校舎(青森県藤崎町)で15日、閉校式典があり、生徒らが思い出が詰まった学びやとの別れを惜しんだ。
 式典には、3年生のみとなったりんご科の在校生12人をはじめ、同窓生や旧教職員ら約200人が出席した。福士広司校長が「守り続けられたリンゴ畑は来年の準備はされないが、多くの人々の心の中に永遠に生き続ける」とあいさつ。
 生徒を代表して福士昂季さん(17)が「あと半年で終わりを迎える。つらく悲しい現実があるが、思い出は色あせることはない」と述べた。
 式典に先立ち、生徒らが過去の校舎や行事の様子など、学校の歴史を写真で紹介。出席者らは同校の70年の歩みをかみしめた。
 式典は、来年3月の積雪や卒業式などを考慮し、閉校の半年前に実施することになった。
 藤崎校舎は、1948年に黒石高藤崎分校として開校。72年に五所川原農林高の分校となり、りんご科を設置した。県立高校再編の一環として閉校が決まり、2017年に生徒の募集を停止した。


関連ページ: 青森 社会

2018年09月16日日曜日


先頭に戻る