宮城のニュース

岩沼駅構内で貨物列車脱線、運休と遅れ相次ぐ(16日)

 16日午前9時20分ごろ、岩沼市二木1丁目の岩沼駅構内で、入換線での作業中に貨物列車1両が脱線した。JR東日本仙台支社が原因を調べている。同支社によると、東北線白石−仙台間、常磐線原ノ町(南相馬市)−仙台間で上下6本が運休、上下7本が最大約50分遅れ、約3800人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月17日月曜日


先頭に戻る