宮城のニュース

<ヒガンバナ>深紅の花一面に ボランティア15万本手入れ

ヒガンバナの赤いじゅうたんが広がる羽黒山公園

 宮城県大崎市古川小野の羽黒山公園のヒガンバナが見頃を迎え、一斉に深紅の花を咲かせている。
 地元のボランティアが草刈りなどの手入れをする公園には、ヒガンバナ約15万本が群生する。訪れた人たちは、花が織りなす赤じゅうたんをカメラに収めていた。地元の古川長岡地区公民館によると、1週間ほどでピークを迎えるという。
 23日には、同公民館と古川長岡地区地域づくり協議会主催の「羽黒山彼岸花の里まつり」のイベントが行われる。公園に出店が並び、大崎市民歌の合唱や太鼓演奏などが披露される。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月17日月曜日


先頭に戻る