山形のニュース

福祉乗り合いバス、運行スマホで確認 酒田市が来月サービス開始

サービスを試す丸山市長

 酒田市は10月1日、料金一律100円の市福祉乗り合いバス「るんるんバス」の運行状況をインターネットで確認できるサービスを始める。スマートフォンなどで停留所への到着時刻や遅れを調べられ、バスの走行位置も特定できる。市民や観光客の利便性の向上を図った。
 専用ウェブサイトに接続し、路線と乗り降りする各停留所を指定すると、出発と到着の予定時刻が表示される。いくつ前の停留所を通過したかも分かり、地図上で走行位置や遅れの程度を知ることもできる。酒田市の丸山至市長は「より使いやすく、便利なバスにしたい」と話した。
 るんるんバスは市の運営で、市内の5路線を1日4〜9便運行する。


関連ページ: 山形 政治・行政

2018年09月17日月曜日


先頭に戻る