宮城のニュース

<楽天>ロッテに7―2 投打かみ合い3連勝

 東北楽天は投打がかみ合い3連勝。2年目の藤平が3安打2失点でプロ初完投を飾り、自己最多の4勝目を挙げた。
 打線は二回、敵失と村林のスクイズで2点を先取した。四回に内田の8号2ランで突き放すと、六回には内田の適時二塁打とプロ初打点となる山崎の適時打で2点を追加。九回には田中が18号ソロを放った。
 ロッテは4連敗。先発種市が7回6失点と乱れた。

 ロッテ−東北楽天20回戦(10勝10敗、14時、ZOZOマリンスタジアム、27,154人)
東北楽天020202001=7
ロッテ 000200000=2
(勝)藤平12試合4勝6敗
(敗)種市6試合3敗
(本)内田8号(2)(種市)=4回、岡1号(1)(藤平)=4回、田中18号(1)(高野)=9回

☆イヌワシろっかーるーむ

<田中和基外野手(九回に18号ソロ)>
 「打席で集中できていた。ストライクを取るために直球を続けてくるという読みが当たった」


2018年09月18日火曜日


先頭に戻る