宮城のニュース

<楽天>内田、2日連続弾「もっと貢献したい」

 東北楽天の内田が前日に続く2ランを放ち、存在をアピールした。今季目標としている10本塁打まであと2本となり、「変に狙い過ぎなければ達成できると思う」と自信をのぞかせた。
 四回無死一塁でロッテの先発種市(青森・八戸工大一高出)が投じた1球目のフォークボールを芯で捉え、左翼席に運んだ。二回の第1打席は中途半端なスイングで三ゴロになっていた反省を踏まえ、「積極的に振っていこうと考えていた」という。
 六回にも左中間を破る適時二塁打を放った。和製大砲としての成長を期待される23歳の右打者は「試合に出してもらっている以上はもっと貢献したい」と意欲的だった。


2018年09月18日火曜日


先頭に戻る