宮城のニュース

<秋季高校野球宮城大会>反撃抑えて東北が快勝

 【評】東北が快勝した。1点リードの四回2死二、三塁、三坂の中前打で2点を加え差を広げると、八回は西沢の犠飛などで突き放した。泉松陵は四回に5安打で3点を奪ったが、この後は反撃できなかった。

 ▽2回戦(楽天生命パーク)
泉松陵000300000=3
東 北13020002×=8

<東北・三坂(四回2死二、三塁から2点打を放つ)>「ツーシーム気味の直球をうまく捉えられた。好機の場面は楽しんで打席に入っている。次戦もしっかり準備して、一戦必勝という気持ちで戦いたい」


2018年09月18日火曜日


先頭に戻る