宮城のニュース

秋の訪れ ハギ多彩に咲き誇る 仙台市野草園でまつり

花を付け始めたミヤギノハギのトンネル

 仙台市の花、ハギに親しむ「萩まつり」が太白区の市野草園で開かれている。赤紫や白の花が咲き競い、来場者を楽しませている。24日まで。
 野草園のハギはミヤギノハギ、ツクシハギなど15種約1300株。園内にはハギをアーチ状に配したトンネルや、芝生広場でこんもりと群生する「萩の丘」、山の斜面一帯を覆う「萩の滝」があり、さまざまな風情を味わうことができる。
 ガイドボランティアの佐々木勉さん(70)=太白区=は「秋が来たことを感じさせてくれる花。春の桜のような華やかさはないけれど、しっとりとした良さがある」と話した。
 休日には琴、尺八、バイオリンなどの楽器演奏や野だてがある。入園料は大人240円、小中学生60円。連絡先は同園022(222)2324。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月19日水曜日


先頭に戻る