宮城のニュース

<仙台・警官刺殺>交番訪れた21歳大学生が刺殺か

 19日午前4時ごろ、仙台市宮城野区東仙台2丁目の仙台東署東仙台交番で、清野裕彰巡査長(33)が訪ねてきた男に刃物で刺され、死亡した。別の男性警察官が男に拳銃を発砲し、男も死亡した。宮城県警によると、男は仙台市宮城野区新田2丁目、東北学院大3年相沢悠太容疑者(21)。県警は相沢容疑者が清野巡査長を刺殺したとみて捜査を進め、容疑が固まり次第、殺人の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 県警によると、相沢容疑者は午前4時ごろ「現金を拾った」と交番を訪ね、清野巡査長が応対室で対応。交番奥の執務室にいた男性巡査部長(47)が2人が言い争う声を聞き、応対室に行くと、清野巡査長が胸や腹などを数カ所刺され、血を流して倒れているのを発見した。県警は同日、清野巡査長を警部補に2階級特進させた。
 清野巡査長の横で、相沢容疑者は刃渡り約20センチの包丁とマシンガン形のモデルガンとみられる物を手に倒れていたが、立ち上がって巡査部長に襲い掛かろうとした。巡査部長は「刃物を捨てろ」と警告したが、相沢容疑者が応じずに向かってきたため、拳銃を3発発砲し、少なくとも1発が命中したとみられる。巡査部長にけがはなかった。
 当時、交番では警察官4人が勤務し、他の2人は仮眠室にいた。当初は清野巡査長と巡査部長が入り口付近のカウンター越しに応対していたが、ほどなく巡査部長は別室に退いた。その後「やめろ」などと叫び声がし、巡査部長が戻ると2人が倒れていたという。
 県警によると、死亡した2人に面識はなかったとみられ、以前に交番で対応した記録もないという。交番に防犯カメラはなく、2人の会話や刺されるまでの経緯は分かっていない。清野巡査長は県警が使用を義務付ける「耐刃防護衣(防刃チョッキ)」を着用しておらず、県警は原因を調べている。
 発砲について、県警は容疑者が巡査部長に刃物で襲い掛かろうとしていた状況などから「正当な職務行為だった」と話している。松岡亮介本部長は「将来ある警察官が殉職したことは痛恨の極みだ」とのコメントを出した。
 県警は同日、2遺体を司法解剖した。引き続き死因の特定を急ぐとともに、容疑者の交番までの移動手段や動機などを調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月19日水曜日


先頭に戻る