宮城のニュース

小中にエアコン 大郷町も設置へ 2校40室で来夏から稼働

 宮城県大郷町は、町立の小中学校全2校にエアコンを整備することを決めた。来年夏の稼働を目指し、全ての普通教室、図書室など計約40室に設置する。
 設計費1044万円を計上した本年度一般会計補正予算案が11日、町議会9月定例会で可決された。一般質問でも取り上げられ、田中学町長が強い意欲で取り組む考えを示した。
 富谷・黒川地域では大衡村が既に全教室にエアコンを設置。富谷市と大和町も整備方針を示しており、全4市町村で設置される見通しになった。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年09月20日木曜日


先頭に戻る