宮城のニュース

生カキ出荷29日解禁 宮城県漁協

県内各地から集まったカキが並んだ品質検査会

 宮城県漁協などは20日、生食用カキの品質検査を石巻市内で実施し、今季の出荷開始日を昨年と同じ29日と決めた。
 検査は県漁協石巻経済センターで実施。県内44カ所のカキ処理場から運び込まれたむき身のカキの大きさなどを、漁協職員らが確認した。
 須田政吉カキ部会長(65)は「現時点では好調だった昨年に及ばないものの、例年並みの品質。気合を入れて、今年も宮城のおいしいカキを届けたい」と話した。
 県漁協は今季、昨シーズンと同程度の約1800トンの生産を見込む。


関連ページ: 宮城 経済

2018年09月21日金曜日


先頭に戻る