宮城のニュース

<仙台・警官刺殺>交番の床にBB弾 エアガン発射し威嚇か

相沢容疑者宅の捜索後、押収品を運び出す捜査員=20日午後3時45分ごろ、仙台市宮城野区

 仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で清野裕彰警部補(33)=巡査長から2階級特進=が刺殺された事件で、交番の床にBB弾と呼ばれるプラスチック製の弾が多数散乱し、別の警察官に銃撃されて死亡した東北学院大3年相沢悠太容疑者(21)が持参したとみられる銃が近くに落ちていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 BB弾はエアガンに用いられる弾。宮城県警は相沢容疑者が持参した銃はエアガンで、弾を発射して清野警部補を威嚇した可能性もあるとみて調べている。
 容疑者が事件当時、黒系の手袋をしていたことも分かった。容疑者は白いマスクを着け、工具のドライバーやはさみ、カッターナイフなどが入ったウエストポーチを二つ所持して交番に来たことが既に判明している。身なりや所持品の周到な準備ぶりから、県警は拳銃奪取など何らかの強い目的を持って交番に来た疑いがあるとみている。
 交番敷地内には事件後、所有者不明の自転車が乗り捨てられていた。県警は容疑者が自転車で交番まで来た可能性があるとみて、経路を含め調べている。
 司法解剖の結果、清野警部補の死因は心臓損傷による失血死だった。脇の下から心臓に達した傷が致命傷になったとみられる。容疑者に発砲された銃弾3発は左右の腕と左脇に命中しており、死因は左肺損傷による失血死とされた。
 捜査関係者によると、容疑者に逮捕歴はなく、過去に警察とトラブルになったり、警察に相談したりした履歴もない。
 県警は20日、交番を現場検証するとともに容疑者宅を捜索し、資料などを押収した。動機の解明につながる手掛かりがないか詳しく分析する。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月21日金曜日


先頭に戻る