青森のニュース

青森・六ヶ所の大丸興産が破産手続き開始 負債14億円

 砂採取販売業の大丸興産(青森県六ケ所村)は20日までに、青森地裁から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ八戸支店によると、負債額は約14億円。
 大丸興産は1998年9月に営業開始。六ケ所村で採取した砂を競馬場やゴルフ場向けに「青森砂」として販売した。生コンクリート用の需要もあり、2013年1月完成の大規模砂洗浄プラントで東日本大震災の復興需要などに対応。15年3月期の売上高は7億5300万円に上った。
 その後は関東向けの受注が減少し、17年3月期には売上高が5億5600万円に落ち込み大幅な赤字決算となった。慢性的に債務超過状態の財務面は累積損失が拡大し、18年4月ごろから事業停止状態だった。


関連ページ: 青森 経済

2018年09月21日金曜日


先頭に戻る