山形のニュース

<新庄市>市立看護専門学校が21年4月開校へ 議会が予算案可決

 慢性的な看護師不足の解消を目指し、山形県新庄市が2021年4月、市中心部に市立看護専門学校(仮称)を開校することになった。建設候補地の用地取得を含む4380万円の関連予算案が21日、市議会9月定例会で可決された。
 主に高卒者を対象にした3年課程の看護学校で、正看護師を養成。1学年の定員は男女30人で総定員は90人。教員は11人を予定している。
 市によると、市役所に近い本町の元医院跡地約1200平方メートルを購入し、3階または4階の校舎を建設。19年度に着工し、20年度に完成する予定だ。
 備品購入を含む建設費は約8億7650万円で、3学年そろった場合の運営費は年間約1億2000万円。看護専門学校の設置後、生徒は最上地方の病院や福祉施設で実習を受ける計画だ。
 これまで最上地方には看護師養成施設がなかった。2016年12月末現在、最上地方の10万人当たりの看護師数は773.9人で、全国平均の905.5人を大幅に下回っている。若者の地元定着を図るためにも高等教育機関の設置が求められていた。


関連ページ: 山形 政治・行政

2018年09月22日土曜日


先頭に戻る