福島のニュース

<福島知事選>新人の金山氏、立候補を表明 選挙戦確実に

金山 屯氏

 任期満了に伴う福島県知事選(10月11日告示、28日投開票)で、自然塾代表の金山屯(じゅん)氏(78)=白河市=が21日、県庁で記者会見し、無所属で立候補すると表明した。知事選は選挙戦になる見通しとなった。
 金山氏は、東京電力福島第1原発事故による風評被害などに言及し「子どもらの誇りを取り戻したい」と述べた。東京都出身、青学大卒。これまで白河市長選や県議選などに計6回立候補し、いずれも落選した。
 知事選では、現職の内堀雅雄氏(54)が再選を目指して立候補する意思を示し、自民や国民民主など各党が支援を表明。共産党などによる市民団体「みんなで新しい県政をつくる会」が独自候補の擁立作業を進めている。


関連ページ: 福島 政治・行政

2018年09月22日土曜日


先頭に戻る