宮城のニュース

<仙台・警官刺殺>別のエアガンも所持 容疑者宅からも複数発見 拳銃奪取目的で交番襲撃か

巡査長が襲撃され、死亡した仙台東署東仙台交番=19日午前7時30分ごろ、仙台市宮城野区東仙台2丁目

 仙台市宮城野区の仙台東署東仙台交番で清野裕彰警部補(33)=巡査長から2階級特進=が刺殺された事件で、宮城県警は22日、東北学院大3年相沢悠太容疑者(21)=仙台市宮城野区新田2丁目=が交番の床に落ちていたエアガンとは別のエアガン1丁を所持していたことを明らかにした。
 これまでの捜査で、容疑者が清野警部補にエアガンで弾を発射して威嚇したことが判明している。容疑者宅の捜索で、複数のエアガンが見つかったことも捜査関係者への取材で新たに分かった。県警は容疑者が銃に強い関心を持ち、拳銃奪取目的で交番を襲撃した可能性があるとみている。
 県警が21日夜まで実施した現場検証で、容疑者は迷彩柄と灰色の2個のウエストポーチを身に着け、床に落ちていたエアガンと同じ形状の銃1丁と複数の弾倉がポーチに入っていたことが分かった。
 容疑者が持参したとみられる青いビニール袋には、犯行に用いた剣鉈(けんなた)状の刃物とサイズが合致するさやのほか、千円札数枚が入っていた。容疑者は袋から刃物を取り出し、襲い掛かったとみられる。
 県警はこれまで、容疑者が「現金を拾った」と交番を訪れた際、清野警部補と男性巡査部長(47)が応対し、巡査部長が別室に退いたと説明していたが、実際は巡査部長が別室から交番の玄関付近をのぞき、拾得物の届け出と知って、そのまま別室にいたと説明を修正した。
 県警によると、巡査部長はその後、2人が言い争う声とともに「パンパンパン」とエアガンを発射するような音を聞いたという。
 容疑者は巡査部長による銃撃で死亡した。県警は家族と大学関係者への聞き取りや容疑者宅で見つかった物品などから、事件に至った経緯や動機の解明を進める。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月23日日曜日


先頭に戻る