宮城のニュース

<ベガルタ>無念、崩し切れず 試合支配も一つのミスに泣く

長崎−仙台 後半終了間際、ゴール前でシュートを阻まれ悔しがる仙台の板倉(中央)(佐藤将史撮影)
長崎−仙台 後半34分、長崎にゴールを許し、うずくまる仙台GKシュミット(左から2人目)を慰める大岩(左)

 サッカーの怖さが出た。仙台は試合を支配しながら決め手を欠いてもたつき、逆に一つのミスで決勝点を奪われた。
 後半34分、センターライン付近からの長崎のFKは、ペナルティーエリア中央に浮いた。長身のファンマと競り合おうとGKシュミットがゴール前から飛び出す。が、ボールに触れられず沢田に無人のゴールに蹴り込まれた。「出る必要はなかった。自分のミス」と悔やむ。
 序盤から主導権はつかんだ。大岩の横パスをきっかけにプレスを仕掛ける長崎に対し、対応策を準備していた。ボランチの富田や奥埜が大岩の隣に下がり、ビルドアップの起点となる人数を増やす。プレスがはまらない長崎を自陣に撤退させ、余裕を持って攻撃を組み立てた。
 しかし、ゴールが遠い。強固な守備ブロックを崩せず、ゴール前になかなか進入できない。何本も浴びせたミドルシュートも決め切る力がない。富田は「もう少し前でボールを持ちたかった。パスのテンポを速くしたり、ワンタッチで出せれば、もっと連動して崩せた」と冷静に振り返る。
 最下位相手に勝ち点を上積みする好機を逃した。「結果を出してこそのスポーツ。ただ、ネガティブになってもいけない」と富田。次節戦う横浜Mも下位に苦しむ。痛い敗戦は続けたくない。(佐藤夏樹)


2018年09月23日日曜日


先頭に戻る