青森のニュース

車4台絡む事故4人死亡 青森・つがるの国道、4人が重軽傷

乗用車4台による事故があった現場=22日午前7時30分ごろ、つがる市(写真の一部を加工しています)

 22日午前1時5分ごろ、つがる市森田町下相野の国道101号で乗用車など計4台が絡む事故があり、五所川原市稲実、運転代行運転手山田春治さん(63)ら4人が死亡、4人が骨折などの重軽傷を負った。つがる署が原因を調べている。
 死亡したのは春治さんのほか、つがる市森田町森田、飲食店従業員山田久美子さん(46)、青森県鯵ケ沢町舞戸町、職業不詳広船淳さん(43)と妻とみられる広船愛莉さん(30)。
 同署などによると、春治さんが客の久美子さんを乗せて代行運転中の軽乗用車と、広船さんらが乗った軽乗用車が正面衝突。春治さんの後ろを走行していた同僚男性(58)の軽乗用営業車と乗用車の2台が巻き込まれたとみられる。
 正面衝突した2台の軽乗用車はそれぞれ車体の前方部分が大破し、春治さんの車は道路脇の田んぼに突っ込んだ。広船さんの車は路上で横転するなどした。
 巻き込まれた乗用車に乗っていたつがる市森田町大館、団体職員高杉祐弥さん(32)と同市森田町森田、農業浅見仁統(きみのり)さん(32)は肋骨(ろっこつ)などを折る重傷、無職男性(33)が軽いけがをした。
 道路は片側1車線で見通しの良い直線。当時は雨が降っており、路面がぬれていた。事故の影響で付近の国道101号は約8時間、通行止めとなった。現場はJR五所川原駅から西に約7キロの田園地帯。周囲に住宅などが点在している。


関連ページ: 青森 社会

2018年09月23日日曜日


先頭に戻る