青森のニュース

<つがる4人死亡事故>友人ら突然の死悼む

 青森県つがる市の国道101号で起きた多重衝突事故で、亡くなった山田春治さん(63)が勤めていた運転代行業「アイ代行社」(五所川原市)によると、春治さんは、五所川原市内で飲食した山田久美子さん(46)を自宅まで送り届ける途中に事故に遭った。知り合いの突然の死に、春治さんや久美子さんの友人らは驚きを隠さなかった。
 春治さん方の近所に住む無職の女性(80)は「ニュースで知ってまさかと思った。人当たりのいい人だったのに」と言葉を詰まらせた。
 久美子さん方の近くに住み、2年前まで一緒に清掃業の仕事をしていた自営業の男性(25)は「とにかく明るい性格で、てきぱきと仕事をこなす人だった」と死を悼んだ。知らせを聞いて久美子さん方を訪れた知人女性(46)は「友人が多く誰にでも好かれる人だった。子ども思いの性格だった」と目頭を押さえた。
 アイ代行社の秋田祥範社長は取材に「従業員が亡くなったことは遺憾。警察の捜査に協力したい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2018年09月23日日曜日


先頭に戻る