宮城のニュース

薬莱山で爽やかな汗 加美

薬莱山の裾野を走る選手たち

 第35回やくらい高原マラソン(加美町など主催)が23日、加美町の薬莱山の裾野で開かれ、県内外から約550人が出場した。
 10キロ、5キロの距離別、年代別など計13種目で競った。参加者は澄んだ空の下、ススキが揺れる高原を駆け、爽やかな汗を流した。各部門の1位は次の通り。

 【2キロ】ファミリー 佐藤工・美海(岩沼市)

 【5キロ】中学男子 山田端貴(仙台市)▽成年男子60歳以上 安保淳(岩手県)▽中学女子 東海林結愛(仙台市)▽成年女子30歳未満 岩松桜(色麻町)▽30歳代 高橋佳織(仙台市)▽40歳以上 佐藤恵美(秋田県)

 【10キロ】▽成年男子30歳未満 石井辰樹(山形県)▽30歳代 土肥恭平(大崎市)▽40歳代 高村静雄(仙台市)▽50歳代 相沢信也(大崎市)▽60歳以上 熱海輝一(福島県)▽成年女子40歳未満 鈴木ひとみ(大崎市)


2018年09月24日月曜日


先頭に戻る