宮城のニュース

<どうぶつフェスタ>獣医師の仕事体験 聴診器、何が聞こえたかな?

獣医師に成りきって犬を診察する子どもたち

 動物との触れ合い体験イベント「どうぶつフェスタ in MIYAGI」(県獣医師会、仙台市獣医師会主催)が24日、仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で開かれた。
 獣医師の仕事を体験できるコーナーでは、子どもたちが犬を診察。聴診器で心音を聞いたり、目の充血度合いを確認したりした。仙台市南中山小1年阿部康平君(6)は「おなかがグーグーグーと鳴っていた。楽しかった」と喜んだ。
 災害救助犬が倒壊家屋の模型に隠れた人を発見する実演や、乳牛の搾乳体験、ペットの無料健康相談もあり、多くの家族連れでにぎわった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月25日火曜日


先頭に戻る