宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>INAC神戸に1−5で大敗

仙台−INAC神戸 前半17分、INAC神戸・京川(左から2人目)に先制ゴールを決められる。GK斉藤(小林一成撮影)

 第12節最終日は24日、八戸市のダイハツスタジアムなどで4試合が行われ、マイナビベガルタ仙台レディース(仙台)はINAC神戸に1−5で大敗した。通算成績は2勝3分け7敗(勝ち点9)で順位は8位のまま。
 仙台は前半17分に先制されると、守備が乱れて後半37分までに計5失点し、試合終了間際にPKで1点を返すにとどまった。

◎安本のPKで一矢
INAC神戸(26)5 2−0 1 マイナビ仙台(9)
            3−1
▽得点者【I】京川、杉田妃、李〓雅2、島袋【マ】安本(PK)
▽観衆 2572人

 仙台が5失点して2連敗。INAC神戸のプレスに守備を崩された。序盤は好機をつくったが、前半17分にCKを起点に京川に先制されてリズムが乱れた。44分に追加点を許し、後半も8分、11分、37分に失点。44分に安本のPKで一矢報いるのが精いっぱいだった。

<前半の2失点響く/仙台・千葉泰伸監督の話>
 試合の入りは良かったが、攻撃のミスで得点できず、前半終了間際の2失点目が響いた。(前半17分の)先制された場面も選手がクリアし切れなかった。5失点を引きずらず切り替えたい。

(注)〓は王へんに文


2018年09月25日火曜日


先頭に戻る