宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>安本「1点取れたのは良かった」

 仙台の安本が最後に意地を見せた。5点をリードされた後半44分にPKを決め、スコアボードに「1」を刻んだ。「0−5で終わるより、1点取れたのは良かったと思う」と落ち着いて話した。
 後半33分に途中出場し、積極的に前線でボールを追った。PKを獲得した場面では、パワープレーでゴール前に出た坂井が相手と競り合ったこぼれ球を待ち、結果的に流れてきたロングボールをフリーで受けて相手のファウルを誘った。
 体調不良もあり、主将ながら3戦連続で先発を外れた。「外から試合を見て、どれだけチームを活性化させるかを考えた」。苦しみながらも献身的な姿勢でチームを支え続ける。


2018年09月25日火曜日


先頭に戻る