岩手のニュース

<秋季高校野球岩手大会>3位決定戦 佐々木、逆転許し大船渡競り負け

 秋季東北地区高校野球岩手県大会は24日、花巻市の花巻球場で3位決定戦と決勝があった。プロ注目の右腕佐々木朗希(16)=2年=を擁する大船渡は3位決定戦で専大北上に10−11で敗れ、32年ぶり3度目の東北大会出場を逃した。
 佐々木は10−9の八回無死二塁、3番手で登板。最初の打者は1球目の148キロの直球で中飛に打ち取った。その後も140キロ台後半を投じたが、適時打と押し出し四球で逆転を許した。
 23日の準決勝で左股関節を痛め、24日の朝練習で「投げられない」と監督に伝え、先発を回避。三塁コーチとしてチームを支えたが、七回に「投げたい」と登板を志願。佐々木は「仲間がよく守っていたので最後は自分が抑えたいと思った。力が及ばず負けてしまい悔しい」と声を絞り出した。
 佐々木は今大会1回戦で自己最速タイの157キロを投げていた。4番として打撃でも活躍し、この日は唯一の打席となった九回、左翼フェンスぎりぎりに打球を飛ばすも外野手の好守に阻まれた。
 佐々木は「全体的にレベルアップしたい」と、来春に向けて再起を誓った。

 【岩手】(花巻球場)
 ▽3位決定戦
専大北上 11−10 大船渡
(専大北上は9年ぶり10度目の東北大会出場)

 ▽決勝
盛岡大付
   000001001 0001=3
   100000010 0000=2
花巻東
   (延長十三回)
(盛)石井、阿部−島上
(花)中森、西舘、中森−武田
(盛岡大付は2年ぶり10度目の優勝)

◎各県大会の結果

 【秋田】(こまちスタジアム)
 ▽3位決定戦
秋田商 4−3 秋田
(秋田商は9年ぶり25度目の東北大会出場)

 ▽決勝
横  手
   010000000=1
   02101310×=8
秋田修英
(横)原−渡辺
(秋)西岡
(秋田修英は初優勝)
 【山形】(荘銀・日新スタジアムほか)

 ▽2回戦
鶴岡東 10−1 東海大山形
酒田南 16−6 新庄東
山形城北 11−0 新庄神室産
羽黒 11−3 山形工
日大山形 14−0 米沢興譲館
酒田光陵 6−5 長井

 【福島】(白河グリーンスタジアム)
 ▽3位決定戦
福島商 7−0 学法福島
(福島商は3年ぶり19度目の東北大会出場)

 ▽決勝
聖光学院
   110001525=15
   100010000=2
日大東北
(聖)須藤−吉田
(日)橋本、笹沼、大竹、長峯、橋本−弓田
(本)井上、小室(聖)
(聖光学院は4年連続14度目の優勝)


2018年09月25日火曜日


先頭に戻る