宮城のニュース

<八木山動物公園>アフリカゾウ「花子」が到着 繁殖目的で秋田から、雄の「ベン」と相性見極め

八木山動物公園に到着し、餌を食べる花子=25日午後2時20分ごろ

 秋田市大森山動物園の雌のアフリカゾウ「花子」が25日、繁殖のため、仙台市八木山動物公園(太白区)に到着した。盛岡市動物公園を含む3動物園が6月、雌を交換し合う全国初の覚書を結んで第1弾の移動。今後2年程度、雄の「ベン」との相性を見極める。
 花子は鉄製の輸送箱に入れられ、トレーラーで約4時間かけて到着した。ゾウ舎に入ると餌を食べたり、水を浴びたりするなど元気そうな姿を見せた。
 八木山動物公園によると、花子の健康状態は良好だという。当面ベンとは別々に飼育するが、環境に慣れたころ繁殖を試みる。一般公開の時期は花子の体調を見て決める。
 花子の移動は当初、今月3日の予定だった。8月14日の輸送箱に入る訓練中にアブに刺されて神経質になり、延期された。
 八木山動物公園の金集(かなつみ)隆幸園長は「花子が無事到着してほっとしている。繁殖が成功するよう全力でサポートする」と語った。
 アフリカゾウは自然繁殖が難しく、動物園での飼育や展示が危ぶまれている。覚書に基づき、八木山動物公園は来月中に雌の「リリー」を大森山動物園に送る。盛岡市動物公園との交換は来年2月の会議で方針を決定する。
 大森山動物園の三浦匡哉(まさや)園長補佐は「今度はリリーを受け入れる立場。しっかり準備したい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月26日水曜日


先頭に戻る