宮城のニュース

<楽天>西武最終戦3−4で敗れる 借金今季最多の23に

東北楽天―西武 9回西武1死満塁、秋山に逆転の満塁弾を浴び、天を仰ぐ東北楽天4番手の森原=楽天生命パーク宮城

 東北楽天−西武25回戦(西武19勝6敗、18時1分、楽天生命パーク宮城、17,521人)
西  武000000004=4
東北楽天001100001=3
(勝)増田37試合2勝4敗12S
(S)ヒース40試合4勝1敗11S
(敗)森原14試合1勝1敗
(本)秋山22号(4)(森原)=9回、今江10号(1)(ヒース)=9回

 東北楽天は逆転負けで、借金が今季ワーストの23に膨らんだ。2−0で迎えた九回、4番手森原が1死満塁から秋山に左中間本塁打を打たれ4失点、逆転を許した。先発古川は七回途中まで4安打無失点の力投。
 打線は三回にウィーラーの中犠飛で先制、四回に堀内のプロ初安打となる適時三塁打で2−0としていたが、五回以降は無得点。
 西武は昨季に続く10連勝。2番手増田が2勝目を挙げた。

☆イヌワシろっかーるーむ

<堀内謙伍捕手(プロ3年目で初めて先発出場し、初安打、初打点を記録)>
 「試合前は緊張したが、落ち着いてプレーできた。(四回の中越え適時三塁打は)必死に食らい付いた。結果が出て良かった」


2018年09月26日水曜日


先頭に戻る