秋田のニュース

<衆院比例東北>寺田氏が立民会派入り 秋田県連設立準備も

 無所属の寺田学衆院議員(比例東北)は25日、衆院会派「立憲民主党・市民クラブ」に入会した。旧希望の党に所属していたが、5月の国民民主党結成に参加せず、無所属で活動していた。立民秋田県連の設立準備も進められている。
 寺田氏は同日、枝野幸男代表らと国会内で会談。入会届を提出して承認された。寺田氏は昨年10月の衆院選で希望から比例単独で立候補して当選したため、立民への入党はできない。
 寺田氏は、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)配備を理由に挙げ、「阻止するには無所属のままでは責任を果たせない。立民に合流し、国会でしっかり活動していきたい」とコメントを出した。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2018年09月26日水曜日


先頭に戻る