福島のニュース

道路舗装材工場が進出 福島・双葉の復興拠点に2社

協定書を交わした2社の幹部と伊沢史朗双葉町長(中央)

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町が整備する中野地区復興産業拠点に、道路舗装材製造工場の立地が決まった。事業主体の共同企業体を設立する2社が25日、町と立地協定を結んだ。来年夏の操業開始を目指す。産業拠点での立地に関する協定締結は2件目。
 2社は地元の双葉住コン(双葉町)と道路舗装大手の大林道路(東京)。両社によると、工場は町から1.4ヘクタールを借りて建設する。アスファルト合材などを生産し、本格化する町内や周辺のインフラ整備向けに供給。アスファルト廃材の再生事業も手掛ける。
 双葉住コンは原発事故前から生コンクリートと舗装材を製造。町内の工場は除染廃棄物の中間貯蔵施設の建設予定地となったため、大手と協力して新たな事業態勢をつくる。
 中野地区の産業拠点には製造業アルメディオ(東京)が進出を決めている。町は同地区を含む避難指示解除準備区域とJR双葉駅周辺一部区域の避難指示について、2019年度末までの先行解除を目指している。


関連ページ: 福島 経済

2018年09月26日水曜日


先頭に戻る