広域のニュース

<広域車両盗難>青森で車両盗んだ疑い 2容疑者を再逮捕、1人逮捕

 広域的な車両盗難事件で、宮城県警捜査3課などは25日までに、盗みなどの疑いで、いずれも本籍石巻市の住所不定、無職武山誠(42)、住所不詳、建設作業員相沢義明(42)の両容疑者を再逮捕し、同市福地、土木作業員佐々木孝之容疑者(60)を逮捕した。武山容疑者は2回目、相沢容疑者は3回目の逮捕。
 逮捕容疑は共謀し5月28日午後3時半〜29日午前2時15分ごろ、青森県外ケ浜町の漁業男性(51)宅の車庫に侵入し、乗用車1台(50万円相当)を盗んだ疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。
 県警によると、青森、宮城、山形3県の漁港や農作業場で4〜8月、同様の手口でフォークリフトなど約40台、計5000万円の被害があった。他にも共犯者がいるとみて調べている。
 武山、相沢両容疑者は山形県河北町の倉庫でフォークリフト1台を盗んだ疑いで逮捕され、25日に窃盗罪などで起訴された。


関連ページ: 広域 社会

2018年09月26日水曜日


先頭に戻る