宮城のニュース

元選手への損賠「責任存在せず」 楽天球団の請求 仙台地裁認める

 プロ野球東北楽天に2014年に所属した米国出身のザック・ラッツ元選手(32)に、球団を運営する楽天野球団(仙台市)が元選手との契約交渉に関する損害賠償責任の不存在確認を求める訴訟を仙台地裁に起こし、地裁は26日の判決で球団の請求を認めた。
 訴訟は元選手が契約交渉を巡る損害賠償請求訴訟を米国で起こしたことへの球団側の対抗措置。地裁は、出廷せず反論書面も提出しなかった元選手が球団側の主張を認めたとみなした。
 判決によると、14年6月に入団契約を締結した元選手は、同7月の試合中に右手指を骨折して離脱。その後、球団が来季の契約締結の条件としたメディカルリポートを元選手が提出せず、契約交渉は決裂した。
 元選手は米国での訴訟で「交渉中に球団の保留者名簿から除外されず、他球団との交渉機会を失った」などと主張している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月27日木曜日


先頭に戻る