宮城のニュース

<とうほくドローンeye>楽天生命パーク宮城/東北を熱く 夢の舞台

 宵闇に包まれた街に点々と明かりがともるころ、球場がまばゆく浮かび上がった。プロ野球東北楽天の本拠地「楽天生命パーク宮城」にファンが詰め掛け、試合開始を待つ。
 天然芝の緑とスタンドの赤が照明に映える。外野席の向こうにそびえるのは高さ36メートルの観覧車。その下でメリーゴーラウンドも回っている。
 ここは球場を中心に据えた「ボールパーク」。子どもからお年寄りまで、誰もが存分に楽しめる。
 残念ながら今シーズンのチームの成績は振るわない。ホームでも大きく負け越した。それでも大勢のファンが球場を訪れる。「来シーズンこそ」。その願いも込められた声援が、この日も熱く球場にこだました。
(写真部・佐々木浩明、小林一成)

 思いのままに空を舞って大地や海を見渡したら、どんなに楽しいだろう。そんな見果てぬ夢をかなえてくれるドローン(小型無人機)と共に、東北のあちこちを旅してみた。

動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月27日木曜日


先頭に戻る