広域のニュース

<東北・ガソリン価格>4週連続上昇 イラン原油輸入停止に向けた動き影響

 資源エネルギー庁が27日発表した25日現在の東北のガソリン価格は、レギュラー1リットル当たり平均小売価格が前週より90銭高い154円10銭で、4週連続の値上がりとなった。
 全国は60銭高い154円30銭で、4週連続の値上がり。東北6県を含む41都道府県で値上がりし、2県が横ばい。4府県が値下がりした。
 石油情報センターによると、元売り各社がイラン原油の輸入停止に向けた対応を取り始め、原油価格が上昇した。石油輸出国機構(OPEC)が生産量据え置きを決めたことも加わり、次週は値上がりの見込み。
 東北のハイオク価格は90銭高い165円10銭、軽油は1円高い133円50銭。灯油18リットルは店頭が11円高い1641円、配達も11円高い1758円。


関連ページ: 広域 経済

2018年09月28日金曜日


先頭に戻る