宮城のニュース

深まる秋告げる 山野草300点展示 大崎で30日まで

実を付けた秋の野草などが並ぶ会場

 古川植物愛好会(高橋和吉会長)主催の「秋の野草展」が29日、大崎市の古川東部コミュニティセンターで始まった。30日まで。
 会員が育てた鉢植え、里山で採取した野草など約300点が並ぶ。鮮やかな実を付けるマムシグサやガマズミ、キクイモの花が目を引く。
 キノコ類は食用と毒性のあるものを分けて展示している。高橋会長は「近辺で見られるものが多く、地域の秋を感じてほしい」と話す。
 午前9時〜午後4時。入場無料。苗類のチャリティー販売もある。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月30日日曜日


先頭に戻る