岩手のニュース

岩手県南の旬の味どうぞ 北上など3市町で「ごほうびフェア」限定メニュー提供

大松沢家が提供するラタトゥイユのセット

 岩手県南部の北上、西和賀、金ケ崎3市町の飲食店で、コメや野菜、果物、牛乳といった地元食材を生かした料理を提供する「旬彩ごほうびフェア」が28日、始まった。地域の食を観光客にアピールしようと県県南広域振興局が企画した。10月4日まで。
 和洋食、ラーメン、菓子など18店がフェア限定メニューを考案した。金ケ崎町の古民家レストラン「侍屋敷 大松沢家」は、トマトやズッキーニ、パプリカ、タマネギを煮込んでオーブンで焼き上げた「ラタトゥイユ」のセット(1000円)を出している。
 大松沢家代表の高杉郁也さん(51)は「地元の新鮮な野菜を味わえる料理に仕上がった。生産者と直接触れ合って新しい発見もあった」と話す。
 観光客の増加を目指す振興局は、3市町の豊かな食材に注目。特産品や取扱店舗を紹介する冊子3000部を観光協会や北上、盛岡などJR各駅で配布している。
 今後は釜石市が会場の一つになっている2019年ラグビーワールドカップ日本大会や20年東京五輪・パラリンピックを見据え、季節の食材をPRするフェアも展開する。


関連ページ: 岩手 社会

2018年09月29日土曜日


先頭に戻る