宮城のニュース

新米に行列客に笑顔 村田でまつり、きょうまで

新米を買い求める来場者

 宮城県村田町の道の駅村田で29日、「新米まつり」が始まった。収穫したばかりの町内産のコメを求め、多くの家族連れが訪れた。30日まで。
 ひとめぼれの玄米30キロを9000円、精米5キロを2000円でそれぞれ販売。開始の約1時間前から店頭に行列ができた。新米のおにぎりの試食もあり、来場者はおいしそうに味わった。
 大河原町の主婦井上キク子さん(83)は「村田のひとめぼれは粘り気があっておいしい。塩ザケと一緒に食べたい」と笑顔を見せた。
 30日は午前9時から販売し、なくなり次第終了する。購入者は先着20人まで無料で新米のすくい取りができる。町内に窯を構える陶芸家のご飯茶わんの展示会も開いている。連絡先は道の駅村田0224(83)5505。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月30日日曜日


先頭に戻る