宮城のニュース

音楽祭開幕 弾む温泉街 計60組約260人が出演 大崎・鳴子

多くのファンが温泉街に響く音の調べを楽しんだ

 第11回鳴子音楽祭(実行委員会主催)が29日、大崎市鳴子温泉の中心街で開幕した。30日まで。
 共同浴場の早稲田桟敷湯近くの「ゆめぐり広場」、JR鳴子温泉駅構内など4カ所にステージが設けられた。計60組約260人が出演し、ジャズやブルース、フォークソングなど多彩な音楽を響かせた。
 音楽祭は2008年、岩手・宮城内陸地震の影響で客足が落ち込んだ温泉街を盛り上げようと始まった。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月30日日曜日


先頭に戻る