宮城のニュース

<わたしの道しるべ>マルシェ世代間つなぐ

尚絅学院大3年 庄子貴博さん(21)=仙台市若林区

 顔を合わせてのコミュニケーションが楽しめる場を生み出そうと、4月に大学の友達3人と学生団体「ヒトノワ」を設立しました。代表を務めています。団体は、尚絅学院大(名取市)のキャンパス内でマルシェを定期開催しています。
 これまで5月と7月に催していて、仙台圏を中心に山形県や福島県から、農家やパン屋など毎回10以上の出店がありました。学生による音楽演奏もあり、地域の子どもからお年寄りまで予想以上のたくさんの人でにぎわいました。
 今、学生たちの間では対話が減り、手軽で便利な会員制交流サイト(SNS)で用件だけをやりとりすることが当たり前のようになっていて、寂しく感じています。マルシェの盛り上がりに気付いて会場に集ってくれる人が増え、世代を超えて会話がどんどん弾んだらいいなと思っています。
 次回は10月下旬の開催を予定し、準備を進めています。これからはもっと他大学からもメンバーを募り、団体への共感の輪を広げていくことが目標です。


関連ページ: 宮城 社会

2018年09月30日日曜日


先頭に戻る