宮城のニュース

<ベガルタ>ジャーメイン、横浜Mに4戦連続で得点

 大敗の中で仙台のジャーメインが最後に意地を見せた。試合終了間際、蜂須賀の右クロスに反応。ゴール前に飛び出してフリーで受け、相手に倒されて得たPKを自らゴール左隅にきっちり決めた。「いいコースに打てたので、GKに読まれても止められなくて良かった」と冷静に振り返る。
 後半17分に途中出場。持ち前のスピードを生かして相手DFの裏を狙い続け、最後の好機をものにした。横浜Mにはリーグ戦で2試合ともゴールを奪い、公式戦も含めて4戦連続で得点を決めた。「リーグ戦で2得点は少ない。もう少し増やせるようにしたい」。相性のいい相手に結果を残した勢いを残り6戦につなげる。


2018年09月30日日曜日


先頭に戻る