青森のニュース

今年も「酔っ払いに愛を」あす開幕 八戸の横町魅力を再発見 多彩なイベント展開

 青森県八戸市の横町の魅力を発信する「八戸横丁月間 酔っ払(ぱら)いに愛を2018」が10月1日、市中心部で開幕する。市や実行委員会、八戸横丁連合協議会などが主体となり、31日までの期間中、さまざまなイベントを展開する。
 地酒研究会はちのへが企画する「日本全国地酒で乾杯」が開幕を飾る。市中心部の「マチニワ」で、1日午後6時から東北の地酒が味わえる。午後8時には東北各地とインターネットでつないで一斉に乾杯する。
 今年で10回目の「横丁オンリーユーシアター」は5、6日に開催。横町の店や路上で行われるダンスや演劇などが披露される。7日午後2時からは、八戸ポータルミュージアムはっちで全出演者が参加する10周年特別公演もある。
 20日のme−me(メーメ)マルシェは今年初開催。アクセサリーやベビー用品など手作り品の店や飲食店が、マチニワに並ぶ。
 この他、8横町の5軒を回る飲み倒れラリー(3日)、八戸さんぽマイスターがガイドする横町巡り(12、13、26、27日)、ナイトオリエンテーリング(23日)、ムーンプラザのオープン20周年記念イベント(31日)が開かれる。
 実行委ディレクターの今川和佳子さんは「10月は改めて横町の魅力を再発見してもらえる。何か一つでも参加してもらえればうれしい」とPRする。
 連絡先ははっち0178(22)8228。


関連ページ: 青森 社会

2018年09月30日日曜日


先頭に戻る